日本株:銀行や不動産中心に小幅安、金融機関損失に疑心暗鬼(2)

午前の東京株式相場は小幅安。金融機関の追 加損失への警戒が根強く、みずほフィナンシャルグループが52週安値を更新す るなど銀行株中心に下落した。信用収縮懸念から不動産株も安く、午前の東証1 部の業種別下落率で首位。6日に決算見通しの公表を予定する新日本製鉄が52 週安値を更新するなど、鉄鋼株もコスト高による業績不透明感から売られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。