ナノキャリアの初値は2万7000円、公募比35%高-その後ストップ高

ミセル化ナノ粒子技術を応用した医薬品、 抗がん剤の研究・開発を行うナノキャリアが5日、東証マザーズ市場に新規株 式公開(IPO)し、午前10時30分ごろに2万7000円で初値を形成した。公 募価格比で35%の値上がり。その後も買い注文が優勢で、3万円のストップ高 (制限値幅いっぱいの上昇)まで上昇している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。