東京外為:ドルもみ合い、米材料控え見送り姿勢-米景気懸念で上値重い

午前の東京外国為替市場ではドル・円相場 が1ドル=103円前半でもみ合っている。米景気減速懸念や信用不安を背景に引 き続きドルの上値は重いものの、米国時間に地区連銀景況報告(ベージュブッ ク)や経済指標など注目材料を控え、積極的な売買に踏む込みにくい状況とな っている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。