豪中銀総裁補佐:金利上昇や豪ドル高などが経済成長冷やす抑制要因

オーストラリア準備銀行(RBA)のマルコ ム・エデイ総裁補佐は5日、国内の金利上昇や融資姿勢の厳格化、豪ドル上昇、 世界的な景気減速は豪州の景気拡大を冷やす「重大な抑制要因」だとの見解を示 した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。