日本株は輸出や金融中心下落へ、米住宅問題が長期化も-設備投資警戒

東京株式相場は下落する見通し。バーナン キ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が住宅市場について厳しい認識を示し たことや、米シティグループの追加損失懸念から輸出関連株、金融株中心に売 りが増加しそう。原油価格が大幅反落したことから、大手商社など資源株も軟 調の公算。また、取引開始前に発表される法人企業統計調査も注視される。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。