JT:内外工場を再評価、委託生産打ち切り視野-ギョーザ事件(2)

輸入していた中国製冷凍ギョーザで農薬混入に よる中毒事件が発生したJTは4日、国内外の生産委託工場を再評価して基準を満 たさない場合は委託打ち切りも視野に入れた対応を行うと発表した。中国、日本で 品質検査センターを新設・充実するなど、食の安全管理体制を一層強化する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。