中国株(終了):3日ぶり反落、上海浦東発展銀が安い-融資鈍化懸念

中国株式相場は3営業日ぶりに反落。上海浦東 発展銀行はこの1週間余りで最大の下落となり、金融銘柄の下げをけん引した。政 府が貸し出し規制を進めるなか、融資の伸びが鈍化するとの懸念が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。