米シティの1-3月は赤字か、巨額評価損の可能性大-メリルリンチ

メリルリンチのアナリスト、ガイ・モスコウ スキー氏は4日、米銀最大手シティグループの2008年1-3月(第1四半期) が、さらなる「巨額の評価損」によって赤字となる公算が高いとの見方を示し た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。