台湾の中華航空株が大幅高-シンガポール航空の出資めぐる報道で

台湾最大の航空会社、中華航空の株価は4 日の台北市場で、ここ6週間で最大の上昇となった。中央通信社が同日、シン ガポール航空が中華航空の株式25%を取得する可能性があると報じたことが 手掛かり。情報源を明らかにされていない。

中華航空株は、前日比6.9%高の18.7台湾ドルで取引を終えた。加権指数 は同2.5%高となった。

この報道についてシンガポール航空の広報担当者、スティーブン・フォーシ ャウ氏は「中華航空の株式を購入するための取引は行っていない」とした。ブ ルームバーグ・ニュースの質問に電子メールで返答した。

中華航空の広報担当、ブルース・チェン氏は電話取材に対し、この件を認 識していないと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE