【米経済コラム】銀行の評価額引き下げは行き過ぎなのか-J・ベリー

この数カ月間、金融市場を最も混乱させたの が、銀行のサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)関連資産の大 幅な評価額引き下げだった。だが、この引き下げが一部、行き過ぎだった可能性 がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。