豪ドル:米ドルに対し上昇、RBAの政策金利発表控え-対円でも高い

4日の外国為替市場では、オーストラリ ア・ドルが米ドルに対し上昇。オーストラリア準備銀行(RBA)が同日、政 策金利を12年ぶり高水準に引き上げるとの観測が強まっている。

政策金利の発表を前に、豪ドルの対円での上昇率は16主要通貨で最大と なっている。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト27人を対象 とする調査では、全員がRBAは政策金利であるオフィシャル・キャッシュレ ートを現行の7%から7.25%に引き上げると予想している。

コモンウェルス銀行のチーフ為替ストラテジスト、リチャード・グレース 氏(シドニー在勤)は「RBAは利上げを実施するとともに、タカ派的な姿勢 を示すとみられ、豪ドルにとってはプラス材料となろう」と指摘した。

豪ドルはシドニー時間午後零時13分(日本時間午前10時13分)現在、 1豪ドル=0.9359米ドルと、アジア時間前日遅くの同0.9316米ドルから上 昇。2月29日には同0.9498米ドルと、1984年3月以来の高値を付けてい た。

この日発表された1月の豪小売売上高が予想外に前月比変わらずとなり、 昨年10-12月(第4四半期)の同国経常赤字がエコノミスト予想を上回って 拡大したことを受け、豪ドルは朝方の上げを縮小している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE