経産相:Jパワー「生活に重大な関わり」-外資規制審査の延長当然(2)

甘利明経済産業相は、英ファンドが申請中の 電力卸大手電源開発(Jパワー)株の追加取得について、審査期間を「延長して 議論するのは当然」との見解を示した。慎重に審査する理由として同社が原子力 発電所の建設を計画していることや、日本列島すべてを結ぶ送電網を保有する唯 一の企業で「国民生活に重大に関わっている」点などを指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。