米国株:下落、FRB議長発言や原油反落を嫌気-銀行株に売り(2)

米株式相場は下落。金融株や商品株が売られ た。バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が金融機関に対し住宅ロ ーン元本の削減を求めたほか、原油や金、銅などが最高値から反落したことが 手掛かりとなった。

米金融情報局CNBCが金融保証会社(モノライン)大手アムバック・ファ イナンシャル・グループの救済計画は進展していると報じたことが好感され、 引け前1時間で相場は値下がり分を縮小した。金融株はアナリストによる利益 見通しの下方修正が材料となり、2003年8月以来の安値をつけた。特にシティ グループは9年ぶり安値に下落。石油のコノコフィリップスや産金のフリーポ ート・マクモラン・カッパー・アンド・ゴールドを中心にエネルギー株や鉱山 株も下げた。

S&P500種株価指数は前日比4.59ポイント(0.3%)下げて1326.75。ダウ 工業株30種平均は45.10ドル(0.4%)安の12213.80ドル。ナスダック総合指 数は1.68ポイント(0.1%)上げて2260.28。ニューヨーク証券取引所(NYS E)の騰落比率は3対5。

フィデュシャリー・トラストのファンドマネジャー、マイケル・マレーニー 氏は、「銀行はまだ明らかに追加損失を抱えている」と語った。

S&P500種は年初から9.6%安。米サブプライム(信用力の低い個人向け) 住宅ローン市場の混迷に伴い、銀行の貸し倒れ損失額は世界規模で1810億ド ルに達したことから、2001年以来最悪の企業業績はしばらく続くだろうとの懸 念が背景。

金融株が低迷

シティグループは1998年12月以来の安値。メリルリンチのアナリスト、ガ イ・モスコウスキー氏は4日付文書で、シティが1-3月(第1四半期)にサ ブプライム住宅ローンや債務担保証券(CDO)、レバレッジド・ローン、消 費者金融、不動産ローンなどに関連して180億ドルの評価損を計上するとの見 通しを示した。同アナリストは1-3月期のシティの1株当たり損益を1.66ド ルの赤字(従来予想同55セントの黒字)に下方修正した。

証券大手のゴールドマン・サックス・グループやベアー・スターンズ、リー マン・ブラザーズ・ホールディングスおよびモルガン・スタンレーも売られた。 米銀ワコビアのアナリスト、ダグラス・シプキン氏はリポートで、同4社の第 1四半期利益予想を下方修正した。住宅ローン関連資産の価値が引き続き下落 するとの見通しが理由。

この日はワコビアおよびバンク・オブ・アメリカも下落した。

ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想では、S&P500種に採用さ れている金融機関の第1四半期利益は20%以上落ち込む可能性がある。

S&P500種の金融株で構成する株価指数は0.8%安。一時は最大3.3%安ま で下げる場面もあった。

エネルギー株や産金株

S&P500種に採用されているエネルギー企業のうち34社が下落。原油相場 が2.9%下落し、ガソリンやヒーティングオイルの価格が下落した。S&P500 種のエネルギー株で構成される株価指数は1.5%安。石油のコノコフィリップ スやエクソンモービルはいずれも下落した。

このほかフリーモント・マクモランやニューモント・マイニングは商品相場 の下落が嫌気され、売られた。

後発医薬(ジェネリック品)メーカー、バー・ファーマシューティカルズは 上昇。米連邦判事が独製薬バイエルの避妊薬「ヤスミン」の特許を無効としバ ー・ファーマシューティカルズが勝訴した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE