IKBドイツ産業銀の株価急伸、国内外からの買収案提示を好感

更新日時

3日のフランクフルト株式市場で、米サブプ ライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン関連で多額の損失を出し買い手を模 索しているIKBドイツ産業銀行の株価が上昇。IKBの過半数株式を握る政府 系のドイツ復興金融公庫(KfW)グループが、IKBに対する複数の買収案の 提示を国内外から受けたと明らかにしたことが背景。

IKBの株価は午前10時32分現在、前週末比0.45ユーロ(8%)高の

6.06ユーロ。同株価は過去6カ月で56%下落し、時価総額は5億3000万ユーロ (約830億円)となっている。

KfWは、IKBの持ち株43.4%を売却する方針を示している。KfWは、 84億5000万ユーロのIKB救済融資で先導的役割を果たした。ドイツ産業調査 基金もIKBの持ち株10.7%を売却する意向。ドイツ政府はIKB株式売却で 約7億ユーロの調達を目指している。

フィナンシャル・タイムズ・ドイツ版(FTD)やフランクフルター・アル ゲマイネ(FAZ)などのドイツ紙によれば、スウェーデンの銀行SEBや、ド イツの大手州立銀行WestLB、米銀シティグループのドイツ銀行部門、米証 券大手ゴールドマン・サックスなどが買収案を提示した可能性がある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE