CDO投資:格付けに頼り過ぎると損失被るリスクも-BIS報告書

国際決済銀行(BIS)が3日公表した四半 期報告書は、債務担保証券(CDO)の格付けがリスクの度合いを必ずしも反映 していないため、格付けに頼り過ぎる投資家は価格や運用リスクに直面する可能 性があると指摘した。

米銀大手ワコビアがまとめたデータによれば、格付け会社ムーディーズ・イ ンベスターズ・サービスとスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は昨年7 月以来、計1170億ドル(約12兆1000億円)相当のCDOを格下げした。その うち200億ドル以上が、組成された証券の格下げにより、すでに清算されたか今 後清算される見込みだという。

BISのアナリスト、インゴ・フェンダー氏らは、格付けはCDOに「組み 込まれたリスクを完全に把握した説明」にはなっていないと説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE