新日本監査法人:所属会計士が株式のインサイダー取引-自主調査(2)

国内最大手の新日本監査法人は3日、所属 会計士1人が株式のインサイダー取引をしていたとの自主調査結果を発表した。 証券取引等監視委員会からも調査を受けているという。公正な資本市場確立の ため企業会計を監査する立場の会計士によるインサイダー取引の発覚は初めて とみられる。今後2カ月程で原因究明と再発防止策の策定を急ぐ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。