金融庁長官:サブプライム損失、消費者金融への影響は限定的との見解

金融庁の佐藤隆文長官は3日夕の定例会見 で、大手邦銀や損害保険会社に続き、消費者金融の武富士でも米サブプライム (信用力の低い個人向け)関連損失が経営に大きな影響を与えそうになってい ることに関連して、同ローン関連のマイナスの影響は日本の消費者金融業界全 体に及ぶことはないとの見通しを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。