米金融機関の業績に不安広がる-株価指数を売る権利の取引が活発化

3日のシカゴ・オプション取引所(CBOE) で、米国の株価指数を売る権利(プット)が買う権利(コール)の2.12倍の出 来高となり、この比率は昨年9月25日以来、約5カ月ぶりの高さだった。金融 機関の収益が従来予想よりも低くなるとの懸念が広がったためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。