トリシェECB総裁:米国の強いドル政策は「非常に重要」

トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁は3 日、ユーロ圏の財務相会合で訪問したブリュッセルで記者団に対し、米国政府 が強いドルを支持しているのは「非常に重要」だと述べた。この日ユーロは対 ドルで最高値を更新した。

トリシェ総裁は、「現在の状況に鑑み、財務長官や大統領を含め米当局が 強いドルは国益にかなうと繰り返し述べているのは非常に重要だ」と語った。

3日の外国為替市場でユーロは一時、対ドルで1.5275ドルと最高値を更 新したが、トリシェ総裁の発言後には1ユーロ=1.52ドルまで下落した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE