東京外為:ドル・円が3年超ぶり102円台、米指標を警戒―101円台視野

週明けの東京外国為替市場ではドルが対円 で続落。米景気の後退懸念や追加利下げ観測からドルの先安観が強まるなか、 世界的な株安を背景にリスク資産圧縮の動きから円の買い戻しも加わり、ド ル・円相場は2005年1月以来、3年超ぶりとなる1ドル=102円台までドル安・ 円高が進んだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。