【きょうの投資判断】王子、SANKY、三菱電、カカクコ、日立プT

各証券会社のアナリストが投資判断や目 標株価の変更、材料に対する見解を示した主な銘柄は次の通り。

<UBS証券>
小糸製作所(7276)   :投資判断「NEUTRAL」から「BUY」へ引き上げ
             目標株価1700円を継続
王子製紙(3861)    :投資判断「BUY」を継続
             目標株価660円→610円へ引き下げ
北越製紙(3865)    :投資判断「NEUTRAL」を継続
             目標株価580円→500円へ引き下げ
レンゴー(3941)    :投資判断「BUY」を継続
             目標株価930円→840円へ引き下げ
日本製紙グループ本社(3893):投資判断「NEUTRAL」を継続
               目標株価35万円→28万円へ引き下げ
ナブテスコ(6268)   :投資判断「NEUTRAL」を継続
             目標株価1900円→1500円へ引き下げ
トヨタ紡織(3116)   :投資判断「BUY」を継続
             目標株価4300円を継続
三井住友フィナンシャルG(8316):投資判断「BUY」を継続
                 目標株価95万円を継続
ヤマトホールディングス(9064):投資判断「BUY」を継続
                目標株価1800円を継続
日本航空(9205)    :投資判断「SELL」を継続
             目標株価230円を継続
NTT(9432)     :投資判断「NEUTRAL」を継続
             目標株価54万3000円を継続


<JPモルガン証券>
SANKYO(6417)  :投資判断「OVERWEIGHT」を継続
             目標株価6900円→7600円へ引き上げ
三井住友フィナンシャルG(8316):投資判断「OVERWEIGHT」を継続
ソニーフィナンシャルHD(8729):投資判断「OVERWEIGHT」を継続
ダヴィンチ・アドバイザーズ(4314):投資判断「OVERWEIGHT」を継続


<ゴールドマン・サックス証券>
ダイドードリンコ(2590):投資判断「買い」を継続
             目標株価5300円→5500円へ引き上げ
エービーシーマート(2670):投資判断「買い」を継続
              目標株価3100円→2900円へ引き下げ
ポイント(2685)    :投資判断「買い」を継続
             目標株価6800円→6000円へ引き下げ
富士フイルムHD(4901):投資判断「買い」を継続
             目標株価4900円→5000円へ引き下げ
ブラザー工業(6448)  :投資判断「買い」を継続
             目標株価1800円→1600円へ引き下げ
セイコーエプソン(6724):投資判断「買い」を継続
             目標株価2800円→3200円へ引き上げ
HOYA(7741)    :投資判断「買い」を継続
             目標株価3700円→3800円へ引き上げ
シチズンHD(7762)  :投資判断「売り」を継続
             目標株価950円→900円へ引き下げ
プロスペクト・レジデンシャル(8969):投資判断「売り」を継続
                   目標株価32万円→30万円へ下げ
NTT(9432)     :投資判断「買い」を継続
             目標株価64万2000円を継続
ダイキン工業(6367)  :投資判断「中立」を継続
             目標株価5700円を継続
トヨタ紡織(3116)   :投資判断「買い」を継続
             目標株価3700円を継続
ジャパン・ホテル&リゾート(8981):投資判断「買い」を継続
                  目標株価58万円を継続
日本航空(9205)    :投資判断「中立」を継続
             目標株価240円を継続


<ドイツ証券>
三菱電機(6503)   :投資判断「BUY」で新規調査開始
            目標株価1200円に設定


<KBC証券>
オーエムシーカード(8258):投資判断「買い」から「ホールド」に下げ
JSR(4185)    :投資判断「買い」から「ホールド」に引き下げ
カカクコム(2371)  :投資判断「ホールド」から「買い」に引き上げ


<大和総研>
日立プラントテクノロジー(1970):投資判断「2(アウトパフォーム)」
                 から「3(中立)」に引き下げ
住友不動産販売(8870):投資判断「2(アウトパフォーム)」から
            「3(中立)」に引き下げ
東急リバブル(8879) :投資判断「1(買い)」から「3(中立)」
            に引き下げ


<三菱UFJ証券>
沖電気工業(6503)  :投資判断「4(アンダーパフォーム)」から
            「3(市場平均並み)」に引き上げ
藤森工業(7917)   :投資判断「1(強いアウトパフォーム)」から
            「2(アウトパフォーム)」に引き下げ
東セロ(3971)    :投資判断「1(強いアウトパフォーム)」から
            「2(アウトパフォーム)」に引き下げ
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE