東京外為:ドル・円が一時102円台突入-3年超ぶり、米指標悪化を警戒

午前の東京外国為替市場ではドル・円相場 が一時、3年超ぶりとなる1ドル=102円台へ突入。米景気の後退懸念や追加利 下げ観測からドルの先安観が強まるなか、世界的な株安や信用不安を背景にリ スク資産圧縮の動きから円を買い戻す動きも加わり、ドル安・円高の流れが加 速している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。