日本株:全面安でTOPIX1300割れ、円高や信用収縮-揺らぐ2番底

週明け朝方の東京株式相場は大幅続落。外 国為替相場で対ドルでは3年ぶりの円高が進んでいるため、トヨタ自動車やソ ニーなど輸出関連株が下げ拡大。国内外金融機関の追加損失に伴う信用収縮懸 念から、みずほフィナンシャルグループなど金融株にも売りが増加している。 東証1部業種別33指数は全業種が下げ、TOPIXは2月13日以来となる 1300ポイント割れ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。