大田経財相:景気回復の判断は変わらず-生産の持続的な下落はない

大田弘子経済財政政策担当相は29日午前の 閣議後会見で、経済産業省が28日発表した1月の鉱工業生産指数について、「予 測指数以上にマイナスになり、この点で十分な注意が必要だ」とする一方、「在 庫面からの下押し圧力は小さい。生産が持続的に落ちていく状況ではない」と 強調した。その上で、「回復テンポは緩やかになっているが、景気回復の基調が 続いているとの景気判断には変わりない」との認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE