NY金(29日):連日の最高値更新、終値975ドル-ドル安でヘッジ需要

ニューヨーク金先物相場は続伸。米 金利低下でドル安が進行し、インフレが加速するとの思惑から、ヘッジ としての金の魅力が高まった。通常取引開始前の時間外取引で一時、オ ンス当たり978.50ドルの最高値を付けた。

ドルは前日に続いて対ユーロ最安値を更新。UBSブルームバー グ・コンスタント・マチュリティ商品指数は過去最高水準に上昇した。 2007年は商品相場の上昇が17年ぶりの速いペースとなるなか、金相場 は31%上昇した。

ゴールドマネー・ドット・コムの創業者ジェームズ・ターク氏は 「ドル安とインフレ高進、銀行の金融問題の拡大が金相場を動かしてい る」と指摘。「金はより安全な投資先だ。相手先のリスクもない」と述 べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比7.50ドル(0.8%)高の1オンス=975ドルで終え、終値 ベースでの最高値を更新した。月間ベースでは5.1%高、週間ベースで は2.9%上昇した。