スイス再保険の07年通期:8%減益-デリバティブでの損失響く

世界最大の再保険会社、スイス再保険が29 日発表した2007年通期決算は、前年比8%減益となった。デリバティブ(金融 派生商品)での損失が響いた。また、クレジット・デフォルト・スワップ(CD S)で2億4000万スイス・フラン(約240億円)の追加評価損が出るとの見通 しを明らかにした。

電子メールで配布した資料によれば、純利益は42億フランと、前年同期の 45億6000万フランから減少した。ただ、アナリスト17人の予想中央値(40億 1000万フラン)は上回った。

スイス再保険は昨年11月19日、米サブプライム(信用力の低い個人向け) 住宅ローン問題で債券市場が打撃を受けるなか、デリバティブで12億フランの 損失を計上したことを明らかにした。07年の初め以降、米シティグループやス イスのUBSなど世界30余りの大手銀行・証券会社の評価損と貸し倒れ損失 (貸倒引当金含む)は、合計1630億ドル(約17兆円)を超える。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE