仏ビベンディ10-12月:16%増益-有料放送とモロッコの電話好調

フランスのメディア大手ビベンディが29日 発表した2007年10-12月(第4四半期)決算は、前年同期比16%増益となっ た。モロッコで展開する傘下電話会社で加入者数が伸びたほか、有料テレビ放送 のカナル・プリュスでのコスト低減が寄与した。

同社が調整後純利益と呼ぶ、一部項目を除く利益は5億8500万ユーロと、 前年同期の5億500万ユーロを上回った。ブルームバーグ・ニュースがまとめた アナリスト14人の予想中央値では、前年同期比6.6%増の5億3900万ユーロと 見込まれていた。

モロッコの電話会社とカナル・プリュス、ビデオゲーム部門がビベンディの 07年売上高を押し上げた。同社が1月に発表した第4四半期売上高は前年同期 比8.5%増だった。

ビベンディは今年の利益について、継続事業に基づけば昨年同様の伸びにな るとの見通しを示した。07年通期の調整後利益は前年比8.3%増の28億3000 万ユーロで、28億ユーロ余りとしていた同社の従来予想にほぼ一致した。

同社はまた、配当を1株当たり1.30ユーロと、前年の1.20ユーロから引き 上げる方針も明らかにした。