仏アクサ7-12月期:6%増益-生命保険・貯蓄商品の販売好調(2)

欧州保険2位の仏アクサが28日発表した 2007年7-12月(下期)決算は、前年同期比6%増益となった。生命保険・貯 蓄商品の販売が好調だった。

同社の発表資料によれば、純利益は24億9000万ユーロと、前年同期の23 億5000万ユーロから増加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト7 人の予想中央値(24億8000万ユーロ)とほぼ一致した。07年通期では、純利益 は前年比11%増の57億ユーロだった。

アンリ・ドカストリ最高経営責任者(CEO)は、05年に設定した12年ま でに売上高を2倍、利益を3倍に増やすとの目標達成のため、最大部門である生 保・貯蓄部門の販売増加に取り組んでいる。同社は06年に実施したクレディ・ スイス・グループの保険部門ウインタートウル買収で、運用資産が1000億ユー ロ増え、スイス保険市場でトップとなっており、これも目標達成に寄与している。

ドカストリCEOは発表資料で、決算は「本業でのすべての事業分野におけ る力強い成長とウインタートウルとの統合成功が組み合わさった結果を反映して おり、バランスシートの健全性がサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ロ ーン危機の影響を受けていないことを裏付けている」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE