米カルパース:商品への投資額を16倍にも、10年まで-相場上昇受け

米最大の公的年金基金であるカリフォルニア 州職員退職年金基金(カルパース)は、原材料価格が最高値水準に上昇するなか、 商品市場への投資額を2010年まで現在の16倍となる72億ドル(約7700億円) に増やす可能性がある。

広報担当のクラーク・マッキンリー氏は27日、カルパースが19日の取締役 会で、運用資産の0.5-3%を商品市場に投資することで合意したことを明らか にした。カルパースの運用資産は2400億ドル。昨年は初めて商品投資に4億 5000万ドルを投じた。

エネルギーや金属、農産物関連資産のパフォーマンスが株式や債券を上回る なか、年金基金やヘッジファンドなど資産運用機関は、原材料市場への投資を増 やしている。原油は1バレル=100ドルを超える水準に上昇し、小麦は初めて1 ブッシェル当たり13ドルを突破した。また金とプラチナも最高値を付けた。

マッキンリー氏は電話インタビューで、「人員を増加し、商品投資計画の拡 大を予定している」とした上で、「われわれは商品投資に高い関心がある。これ までも非常に良い成績を上げている」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE