米住宅ローンのソーンバーグ、追加担保差し入れへ再度証券売り出しも

米住宅ローン会社のソーンバーグ・モーゲ ージは28日、債権者からの追加担保差し入れ要求に応じるため、再度証券売り 出しを実施する必要性に備え、検討していることを明らかにした。同社は昨年 8月に219億ドル相当の資産を売却。28日のニューヨーク株式市場では発表を 受けてソーンバーグの株価が6カ月ぶりの大幅安となった。

ソーンバーグが米証券取引委員会(SEC)に提出した文書によると、同 社は今月14日以降、すでに3億ドルの追証に応じたため、手元流動性が減少、 今後さらに担保差し入れ要求が出た場合の対応能力が低下した。

41万7000ドル以上の物件を対象とした変動金利(ARM)型ローンを中 心に業務を展開するソーンバーグは昨年、ローン設定の一時停止に追い込まれ た。昨年は同社を含め、住宅ローン会社100社以上がローン設定の一時停止、 もしくは同事業から撤退した。ソーンバーグは昨年9月にローン設定を再開、 資本増強のため5億ドルの優先株を発行した。

ソーンバーグの提出文書によると、信用の質が「Alt-A」に位置づけ られる住宅ローンを担保とした債券の価値が1月末以降で10-15%減少したた め、同債券の追証につながった。Alt-Aはプライム以下、サブプライム以 上とされている。

ソーンバーグの株価はニューヨーク時間午前9時40分現在、前日比2.24 ドル(19%)安の9.30ドルで推移している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE