【米個別株】アマゾン、AIG、アップル、JPモルガン、スプリント

28日の主な銘柄は以下の通り。

アマゾン・ドット・コム(AMZN US):4.3%安の67.85ドル。オッペン ハイマーのアナリスト、ショーン・ミルン氏はインターネット小売り最大手の アマゾン・ドット・コムの株価に対して「慎重」であることを明らかにした。 米電子商取引の減速予想に加え、インターネット競売最大手eベイの手数料変 更により「逆風が強くなった」ことが理由。

アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG US):4%安の50.15 ドル。トム・チョルノキー氏らゴールドマン・サックス・グループのアナリス トは保険最大手のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が1 -3月(第1四半期)に5年ぶりに純損失に転じる恐れがあると指摘した。

アップル(AAPL US):5.7%高の129.91ドル。米アップルのティム・ク ック最高執行責任者(COO)は、音楽プレーヤー付き携帯電話「iPhon e(アイフォン)」の今年販売目標1000万台の維持を表明。景気減速にもか かわらず売上高が底堅さを持続することを示唆した。

JPモルガン・チェース(JPM US):4.4%安の42.44ドル。ゴールドマ ン・サックス・グループとメリルリンチは米銀3位のJPモルガン・チェース の収益見通しを下方修正した。ホームエクイティ・ローンの価値減少に伴う評 価損を計上するとの見通しが理由。

リミテッド・ブランズ(LTD US):11%安の15.85ドル。ランジェリー 店チェーン「ビクトリアズ・シークレット」を展開するリミテッド・ブランズ は、2-4月(第1四半期)の1株当たり利益が最大10セントにとどまると の見通しを示した。ブルームバーグが調査したアナリスト予想は13セントだ った。

スプリント・ネクステル(S US):9.6%安の8.09ドル。米携帯電話事業 者3位のスプリント・ネクステルが28日発表した2007年10-12月(第4 四半期)決算は295億ドルの純損失となった。また、無配も発表した。顧客の 解約が増え、旧ネクステル・コミュニケーションズの価値下落に伴う評価損が 響いた。

スプリントは28日、顧客奪回策として月89.99ドルの無制限通話プラン を発表した。オッペンハイマーは料金をもっと引き下げないと、AT&Tやベ ライゾン・コミュニケーションズなど大手競合他社が恩恵を受けるとの見方を 示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE