2月の仏消費者信頼感指数、過去最低に低下-インフレが購買力を圧迫

フランス国立統計経済研究所(INSEE)が 28日発表した2月の消費者信頼感指数はマイナス35と、1987年の同指数導入以来 の最低水準となった。前月はマイナス34だった。

12年ぶりの高水準に達したインフレ率が、購買力の重しとなっていることが 示された。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト25人の調査中央値 では、マイナス34にとどまると見込まれていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE