テレフォニカの10-12月期:増益-中南米好調、市場予想上回る

欧州2位の電話会社、スペインのテレフォ ニカが28日発表した2007年10-12月(第4四半期)決算は、純利益が前年同 期比で増加し、アナリスト予想も上回った。中南米事業が好調だった。

同社の発表資料によれば、純利益は10億6000万ユーロと、前年同期の10 億3500万ユーロから増加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリストの 予想中央値では、9億950万ユーロが見込まれていた。売上高も144億ユーロと、 前年同期の142億ユーロから増えた。