インテリジの鎌田社長:営業利益100億円達成は困難-メディア事業苦戦

人材派遣会社のインテリジェンスの鎌田和 彦社長は28日放映のブルームバーグテレビジョンのインタビューで、来期 (2009年2月期)の見通しについて、現在策定中であるとし明言を避けながら も、営業利益を100億円台に乗せることは難しいと述べた。

来期の見通しは:

「来期の数値については策定中。明確なことは申し上げられない。売上高を 1000億円台に上げていくという難易度に比較して、営業利益を100億円台に乗 せることのほうが難易度は高い。メディア事業の先行きが不確実だから、そこが 回復してくれば月並みな見通しを立てられる。営業利益率についても、10%達成 を眼目に据えていた。確実に来期やり遂げるとは明言できない」

メディア事業について:

「07年7月に新商品をスタートしたが、システム障害などで売上高を減少 させている状態。商品の構成を含めて見直す必要がある。本格的な回復は来期の 半ば以降だ」

同社のメディア事業のシステムトラブルは、従来からのサービスだった「O PPO」と学生援護会とのアルバイト事業を統合する過程で起こった。

インテリジ株の株価は前日比4000円(3.2%)安の12万円(午後零時41分 現在)。

--共同取材; 東京 矢田康子、藤岡 徹Editor :Masashi Hinoki、Hideki Asai

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 石川英美 Emi Ishikawa +813-3201-2220 eishikawa1@bloomberg.net

小笹 俊一 Shunichi Ozasa +813-3201-3624   sozasa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Peter Langan +813-3201-7241 plangan@bloomberg.net