自工会:1月の国内自動車生産8.7%増-輸出好調で6カ月連続増(2)

1月の国内四輪車生産台数は、6カ月連続 して前年実績を上回った。輸出向けが引き続き好調だったうえ、同月の国内販売 が22カ月ぶりに前年を上回るなど国内向け新型車の生産も増えて、全体を押し 上げた。

日本自動車工業会(自工会)が28日発表した1月の国内四輪車生産台数は 前年同月比8.7%増の97万6975台だった。普通乗用車の生産が同19%増と27 カ月連続のプラスとなり全体をけん引したのをはじめ、軽乗用、小型トラック以 外は軒並み前年を上回った。

また同時に発表された1月の四輪車輸出台数は、同17%増の57万2236台 で30カ月連続のプラスとなった。仕向け地別ではEU(欧州連合)を除く全地 域が前年を上回り、なかでも中近東が同51%増、アジアが同41%増と資源国を 抱える地域の伸びが目立っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE