上海浦東発展銀:4860億円規模の新株発行へ-07年通期は64%増益

中国の上海浦東発展銀行は28日、新株発行 により最大325億元(約4860億円)を調達する計画を明らかにした。またこの 日発表した2007年通期決算は、融資の拡大が寄与し、前年比64%増益となった。 同行には、米シティグループが出資している。

同行の発表によれば、株主の承認を得た上で、向こう1年以内に最大8億株 を一般向けに発行する。また、07年通期決算は純利益が55億元に増加し、先月 発表の暫定集計値と一致した。

上海浦東発展銀の時価総額は、新株発行計画で既存株の価値が希薄化すると の懸念から、過去6日間で20%減少している。今回の株式発行で、同行の株式 発行高は約20%増加する。中国本土の株式指標であるCSI300指数は昨年10 月以降21%低下している。

上海浦東発展銀株を含め450億元相当の資産を運用するフォルティス・ハイ トン・インベストメント・マネジメントのアナリスト、朱明建氏(上海在勤)は、 「市場はここ数日、上海浦東発展銀の新株発行計画に過剰に反応している」と指 摘し、「同行の新株発行は、金融事業成長と収益性維持の必要性という面で正当 なものだ」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE