鉄スクラップ:4週連続高値更新、鉄鉱石値上げも上昇ペースに拍車

日本鉄源協会(東京都中央区)が27日公表した 国内主要3地域での2月第4週の鉄スクラップ平均価格(東京、名古屋、大阪:標準 品H2)は、1トン当たり4万4697円と、前週比で2123円(5.0%)上昇となり、4 週連続で最高値を更新した。旺盛な鉄鋼需要を背景に過去1年間で4割と急騰。鉄鉱 石価格の大幅値上げ決着で、大手鉄鋼メーカーが相次いで大幅な値上げを打ち出した ことも、スクラップ価格の上昇ペースに拍車をかけている。

鉄スクラップ市況は、改正建築基準法の影響による建築着工の大幅減少で昨年10 -11月に一時的に軟化したが、12月以降は上昇基調にある。中国、韓国、台湾メーカ ーからの需要が強く、「供給不足の状態が続いており高値でも量の確保を優先したい 鉄鋼メーカーの要望が多い」(三井物産金属原料の乗田佐喜夫取締役)。

また新日本製鉄とブラジルの資源大手ヴァリ(旧通称リオドセ)が2008 年度の鉄 鉱石価格を前年度比65%の値上げで決着したことで、「鉄鋼メーカーが製品価格への 大幅な転嫁を進めざるを得なくなったことから、スクラップも値上げが通じやすくな っている」(乗田氏)という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE