債券はもみ合い、株反発で売り先行後に下げ渋り―好需給が支え(終了)

債券相場はもみ合い。前日の米国市場で、 株式相場が3日続伸した地合いを引き継ぎ、国内株が大幅反発したことから朝 方は売りが先行した。その後は米債高のほか、前日の20年債入札が好調な結果 となり、需給環境の良さが示されたことなどが相場を下支えした。

岡三証券投資戦略部の坂東明継シニアストラテジストは、円債相場の動き について、「国内的に金利のトレンドができるような材料がなく、株価の動向 に反応し、売りが出た」と指摘。「ただ、10年債利回りのレンジ上限は1.5% とのコンセンサスができ上がっているため、金利が上限に近づいたところで、 需給の強さを背景に押し目買いが入った」と説明した。

東京先物市場の中心限月3月物は、前日比12銭安の137円12銭で取引開 始。いったん、日中安値となる137円5銭まで下げたが、徐々に値を戻した。 午前終値は1銭高の137円25銭。午後に入ると137円10銭台まで下げたもの の、取引終盤には再び買いが優勢となり、一時は137円32銭まで上昇した。終 了間際に安くなり、結局は3銭安い137円21銭で終了した。

日経平均は反発。終値は前日比206円58銭高の1万4031円30銭。一時は 280円高まで上昇する場面もあった。

クレディ・スイス証券債券調査部アソシエイトの福永顕人氏は、「きょう は債券や株式など各市場で流動性が低かった。薄商いと材料難の中、債券相場 は動きがなかった」と語った。

10年債利回りは1.47%

現物債市場では新発10年物の289回債利回りは、前日比0.5ベーシスポイ ント(bp)高い1.485%で取引開始した後、いったんは1.49%に上昇した。そ の後は徐々に水準を切り下げ、一時は2bp低い1.46%まで下げた。3時以降は

1.47%で取引されている。

新発10年債利回りは、足元では上昇傾向にあるが、最近の1.4%台を中心 とするレンジからは抜け出せない。

UBS証券資金債券・金融商品本部の道家映二チーフストラテジストは、 「来月にかけて、インデックスの年限長期化や先物の限月交代、利付国債の大 量償還など、需給環境は良好」なことが金利上昇を抑制していると指摘。

市場では、「国内ファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)の材料を確 認するまでは方向感は出ない」(みずほインベスターズ証券マーケットアナリ ストの井上明彦氏)といった声も聞かれた。

もっとも、レンジの下限は切り上がっているとの見方もある。三菱UFJ 証券チーフ債券ストラテジストの石井純氏は、「金利のレンジの下限が少し切 り上がっている感じがする。1.45%から1.50%でのレンジへと狭まっているの ではないか」との見方を示している。

あすはイベント目白押し、生産指数や2年債入札に注目

国内では、28日に1月の鉱工業生産速報値の発表や水野温氏日銀審議委員 の講演、29日には1月の消費者物価指数(CPI)の発表といったイベントが 控えている。

また、28日は2年債入札が実施される。クーポン(表面利率)は前回債よ り0.1ポイント高い0.6%の可能性が高いとみられている。発行額は前回債と同 じ1兆7000億円程度。

市場では、「翌日に消費者物価指数(CPI)の発表を控えているので懸 念されるが、そこそこの結果となるのではないか」(東海東京証券の有麻智之 債券ディーリング部長)との声や、「0.6%以上で投資できるタイミングは極め て魅力的な投資機会であるといえる」(クレディ・スイス証の福永氏)、「景 気の下振れ懸念が根強いうえに、年度末の資金消化ニーズから不安はない」(三 菱UFJ証券の稲留克俊債券ストラテジスト)といった見方も出ている。

米国債は上昇-消費者信頼感指数が5年ぶり低水準

26日の米国債相場は上昇。過去3日間で初めて値上がりした。2月の消費 者信頼感指数が5年ぶり低水準をつけたほか、全米20都市部を対象にした米ス タンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数がデ ータを取り始めて以来で最大の落ち込みを記録したのが買いを誘った。

キャンター・フィッツジェラルドによると、2年債利回りは前日比9bp低 下して2.03%程度。10年債利回りは4bp下げて3.86%付近。

一方、米株式相場は3日続伸。IBMが150億ドルの自社株買い計画を発 表し、買いを誘った。一部小売り大手の増益決算と商品相場の上昇は景気減速 にもかかわらず、企業収益が底堅く推移するとの見方を強めた。

(債券価格)                          前日比        利回り
長期国債先物3月物         137.21     -0.03         1.660%
売買高(億円)             35676
10年物289回債            100.26                  1.47%(-0.01)

--共同取材:池田祐美 Editor:Hidenori Yamanaka,Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 宋泰允 Yasumasa Song +81-3-3201-3052 ysong9@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Sandy Hendry +852-2977-6608 shendry@bloomberg.net