ウェリンク氏:ECB、成長鈍化に伴いインフレ率も低下すると予想

欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メン バー、ウェリンク・オランダ中央銀行総裁は27日、ニューヨークでのインタビ ューで、ECBが「経済成長の鈍化とともにインフレ率も低下する」とみている ことを明らかにした。

同総裁はその上で、「原油などの商品の値上がりがインフレに対して上昇圧 力を加えており、インフレ率はわれわれが期待するほど2%の目標には近くな い」と語った。

ECBはインフレ率を2%未満に抑えることを目指している。ユーロ圏の1 月のインフレ率は前年同月比で3.2%だった。

ウェリンク総裁はまた、欧州は米景気減速の影響から免れることはできない としながらも、「欧州経済は良好な状態にあり、過去数年で改善した」との認識 を示した。