NY外為:ドルが対ユーロで最安値、米経済指標悪化で売りかさむ

ニューヨーク外国為替市場ではドル が対ユーロで過去最安値に下落。米国の住宅価格下落や消費者信頼感指 数低下を受けて、政策金利引き下げが継続されるとの見方が強まった。

ドルは対ユーロでユーロ導入以来の最安値を付けたほか、主要通貨 すべてに対して下落した。コーン米連邦準備制度理事会(FRB)副議 長はこの日、ノースカロライナ大学で講演し、インフレよりも「金融市 場や景気の逆風が米経済の厚生にとってより大きな脅威である」と述べ た。

ドイツ銀行のシニア通貨ストラテジスト、アダム・ボイトン氏(ニ ューヨーク在勤)はコーン副議長の発言は「米連邦公開市場委員会(F OMC)が利下げを続けることを確認するものだ」と指摘。「そのため ドルは一段と圧迫された」と述べた。ドイツ銀は今後3カ月間でドルが

3.5%下落すると予想している。

ニューヨーク時間午後4時2分現在、ドルは対ユーロで1ユーロ=

1.4968ドルと、前日の同1.4830ドルから下落した。これまでのドルの 最安値は昨年11月23日に付けた1.4967ドルだった。ドルは対円では1 ドル=107円27銭。前日は同108円7銭だった。

FRBのドル・インデックス(貿易加重平均指数)によると、ドル は過去5年間に価値の約4分の1を失った。

需要のシフト

米ハーバード大学のエコノミスト、ケネス・ロゴフ氏は、ドルは貿 易加重平均ベースでさらに少なくとも10%下落する可能性があるとの見 方を示した。同氏は「需要が米国から欧州やアジアにシフトしている」 と指摘した。

ニュージーランド(NZ)・ドルは対米ドルで、1985年に変動制に 移行して以来の最高値を付けた。ニュージーランド中央銀行の利上げ観 測が背景。NZドルは一時、1NZドル=81.58米セントに上昇した。

南アフリカ・ランドは主要16通貨すべてに対して上昇。政府報告で、 景気拡大が過去1年間で最も速いペースに加速したことが示された。

ドルはこの日、コーンFRB副議長の講演後、最安値を付けた。

暗い見通し

オンライン外為取引会社ゲイン・キャピタル傘下のフォレックス・ ドット・コムの為替チーフストラテジスト、ブライアン・ドラン氏は 「コーン副議長は米経済に対して非常に暗い見方を示した」と指摘。 「同副議長が示唆したことはFOMCがインフレに関係なく利下げを続 けるということだ。これはドルには明らかに弱材料だ」と述べた。

シカゴ商品取引所(CBOT)で取引される金利先物相場の動向に よると、3月18日の次回FOMC会合で0.5ポイントの利下げが実施さ れる確率は92%。0.25ポイントの利下げ確率は8%とみられている。

ユーロ圏経済

フォレックス・ドット・コムのドラン氏によると、ドル売り注文が 設定されていた1ユーロ=1.4910ドルの水準を割り込むと、ドルの下げ が加速した。

ユーロは対円では1ユーロ=160円58銭と、前日の160円27銭か ら上昇した。一時は6週間ぶりの高値を付けた。ドイツのIfo経済研 究所がこの日発表した2月の企業景況感指数(2000年=100)は104.1 (前月は103.4)に上昇した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエ コノミスト45人の調査中央値では、102.9への低下が見込まれていた。 この統計を受けて、トレーダーの間では欧州中央銀行(ECB)が政策 金利を引き下げるとの見方が弱まった。

スコシア・キャピタルの通貨ストラテジスト、スティーブン・マリ オン氏(トロント在勤)は、「ドイツの景況感指数は米景気鈍化にもか かわらず、ユーロ圏経済が持ちこたえていることを示している」と語っ た。