ソニー:シャープからもTV液晶パネル調達-サムスン依存を転換(5)

ソニーは26日、シャープから液晶テレビ 用パネルを調達することで合意したと発表した。シャープが大阪府堺市に建設中 の世界最大のパネル工場を分社化し、生産と販売を行う共同出資会社を来年4月 に設立。パネルは出資比率に従って34%をソニーが、残り66%はシャープが取 得する。ソニーは韓国サムスン電子に依存するパネルの調達先を多様化すること になる。

同工場は2009年度稼働予定で、総投資額は土地代を含め3800億円。単純 計算すれば、ソニーは1292億円を負担することになるが、26日都内で中鉢良治 ソニー社長と共同会見した片山幹雄シャープ社長によると、ソニーの投資対象は 土地を含まない。実際のソニー投資額は未定としている。

ソニーは現在、液晶テレビ出荷で世界首位を競うサムスンとの合弁会社「S -LCD」から大型パネルを購入しているが、1枚のガラスから何枚パネルを切 り出せるかという効率生産で世界最先端を行くシャープを加えることで調達戦略 を転換し、液晶テレビ需要増に対応する。シャープとは関連部材の共同開発も検 討する。

S-LCDは05年に量産開始。昨夏にはシャープ亀山第2工場と同サイズ の第8世代ガラス対応の新工場を稼働させた。ソニーはここまでの総投資額4兆 5220億ウォン(約5150億円)の半分弱を拠出している。クレディ・スイス証券 の田端航也アナリストは、新会社に対するソニーの出資比率が34%と、S-L CDの50%弱ほど高くないことから「シャープと共同生産を行っても、ソニー とサムスンの関係が悪化するとは考えにくい」と述べている。

テレビ用液晶パネルをめぐっては世界的な供給不足を背景に、調達関係の見 直しが加速。昨年12月には、東芝が松下電器産業や日立製作所などとの合弁生 産から手を引き、代わりにシャープからの調達を拡大すると発表、松下は3000 億円を投じて兵庫県姫路市にパネル工場を建設すると発表している。

「車の両輪」

中鉢社長は会見で、「エレクトロニクス成長の鍵を握るのはテレビ事業。そ のなかでパネルの安定調達は最重要課題」と話し、価格低下で苦しむテレビ事業 の採算にも貢献するとの認識を強調した。08年度は液晶の出荷台数で世界シェ ア15-20%を目指すという。またサムスンとの合弁はシャープからの調達と 「事業の両輪」として継続すると述べた。

片山社長は、ソニーからの出資受け入れは投資負担軽減だけでなく堺工場の 安定操業も目的だと説明。堺工場に先立って亀山工場からのソニーへのパネル供 給も「あり得る」と語った。今回の提携は昨秋から協議を始めたという。今後ソ ニー以外から出資を募る考えはないとしている。

販路確保で50%目標

一方、シャープ堺工場は、第8世代の1.6倍の面積を持ち50型で8面、40 型なら15面を取れる「第10世代ガラス(10G)」(2850ミリ×3050ミリ)に 対応。生産能力は同ガラス換算で稼働時に月3万6000枚、時期は未定ながら量 産時には同7万2000枚と膨大なレベルに達する予定だ。このため、安定した販 路の開拓が課題だった。

同社は堺工場建設を発表した昨夏から外販戦略を積極化し、パイオニアへテ レビやカーナビゲーション向けパネルを供給し、東芝にもテレビ用パネルの供給 を拡大すると発表。片山社長は1月の会見で、現在20%程度であるパネル外販 比率を、今後も供給先開拓により10年度に50%超にしたいと述べていた。

シャープは堺工場周辺に自社の太陽電池工場を併設するだけでなく、ガラス などの部材メーカーも誘致し、総投資規模1兆円の「21世紀型コンビナート」 を整備するとしている。大和総研の三浦和晴アナリストは、大口顧客であるソニ ーが供給先として加われば「部材メーカーも安心し、堺工場の周辺に進出しやす くなる効果がある」と述べている。

シャープのパネル生産能力をもとに、売れ筋の37型と40型の液晶テレビ の生産台数を試算すると、亀山第1、第2、堺の3工場で合計年間2592万台に なる。これは亀山第1で37型、同第2と堺で40型をそれぞれ量産した場合。

09年に1億台突破へ

米調査会社ディスプレイサーチが発表した07年10-12月期の世界テレビ 統計によると、液晶テレビの出荷額ではソニーが19.5%と、サムスンの19.3% を抜いて07年1-3月期以来の首位に立ち1、2位が逆転。台数ベースでは引 き続きサムスンが1位だった。前四半期に3位だったシャープは12.5%から

10.1%にシェアを下げ、オランダのフィリップスに次ぐ4位だった。

また、ディスプレイサーチの統計では、昨年10-12月期に液晶テレビの出 荷台数が、欧州を中心に買い替えが進み、初めてブラウン管を抜いた。電子情報 技術産業協会(JEITA)予測によると、08年には年間ベースでも両者の出 荷が逆転。液晶テレビの世界出荷は09年に1億台を抜き、10年に1億3000万 台、12年には1億5500万台に達する見込みだ。

ソニー株価の26日終値は前日比60円(1.2%)高の5200円、シャープは同 変わらずの2100円。パネル共同生産は取引時間中の午後2時に発表されたが、 目立った反応はなかった。

--共同取材 中島三佳子、林純子 Editor:Kenzo Taniai, Hideki Asai

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 駅 義則 Yoshinori Eki

+81-3-3201-3422 yeki@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人  Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net ソウル Young-Sam Cho +82-2-3702-1639 ycho2@bloomberg.net

YOSHINORI EKI Ryoji Chubachi Mikio Katayama  Koya Tabata Miyuki Nakayama Kazuharu Miura

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE