中国人民元:3営業日続落-人民銀が上昇ペース減速望むとの観測

中国の外国為替取引では、人民元がドルに対し 3営業日続落となった。中国人民銀行が輸出企業への影響を抑えるため、人民元の 上昇ペース減速を望んでいるとの観測が広がった。

人民元が先週、今年最大の上昇となったことを受け、人民銀が一方向の流れを 見込む投資家の動きを阻む可能性が浮上した。中国国家外為管理局(SAFE)の 鄧先宏副局長は26日、人民元が今後下落する可能性もあるとして、国内銀行に対 し、元が一方向だけに動き、上昇するとの見方を避けるべきだとの見解を示した。

ステート・ストリート・グローバル・マーケッツの為替ストラテジト、ドワイ フォー・エバンズ氏(香港在勤)は、「人民元の上昇ペースはここ数週間にわたり 加速し、これがフォワード(先渡し)市場や人民元の一段高期待に波及した」と指 摘。その上で、「この上昇ペースが中国にさらに資金を呼び込む結果になれば、当 局にとって不都合だ」と語った。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海時間午後5 時半(日本時間午後6時半)現在、前日比0.08%安の1ドル=7.1580元。一時は

0.28%安となった。前日は7.1522元だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE