アジア株:上昇、米モノライン大手の格付け維持を好感-金融株が高い

26日のアジア株式相場は上昇。金融株 が上げをけん引した。格付け会社の米スタンダード・アンド・プアーズ(S& P)が米金融保証会社(モノライン)大手の信用格付けを最高水準で維持した ことを受け、金融機関が資産評価損の計上を余儀なくされるとの懸念が後退し た。

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)や豪ナショナル・オー ストラリア銀行(NAB)が高い。米モノライン大手のMBIAとアムバッ ク・ファイナンシャル・グループが「AAA」格付けを維持したことが好感さ れた。豪小売り最大手のウールワースは増益決算の発表を受けて、1カ月ぶり の高値に上昇した。

コスモ証券エクイティ部の清水三津雄副部長は、ブルームバーグテレビジ ョンとのインタビューで、S&PによるMBIAとアムバックの「AAA」格 付け維持が金融関連株の買いにつながるだろうとの見方を示した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時現在、前日比0.6%高の

146.43。このままいけば終値は5日以来の高値となりそうだ。日経平均株価 は同0.6%高の1万3996円46銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE