訂正:日本国際問題研の宮本氏:FTA交渉の合意は困難

日本国際問題研究所の宮本悟研究員は26 日放映のブルームバーグテレビジョンのインタビューで、日韓のFTA(自由 貿易協定)交渉に期待が高まっていることについて、合意に至るのは難しいと の見方を示した。結ばれたとしても、韓国の貿易赤字が広がるとしている。主 なコメントは次の通り。

FTA交渉に期待が高まっているが:

「FTAは04年11月まで交渉が行われた。関税の撤廃が理由で合意に至 らなかった。日本と韓国で強い分野が異なるので、合意に至らず交渉が行われ なくなってしまった。この状況は李明博(イ・ミョンバク)政権になっても変 わらない。実際にFTA交渉で合意に至るかは別問題である」

貿易での日韓関係は:

「日韓の貿易では日本の大幅な黒字である。韓国としては、日本との貿易 赤字を何とか縮小したい。そのためにFTAは期待される部分があるかもしれ ない。しかし、実際に韓国から日本に大幅に輸出できるものがどれほどあるの かというと難しい」

工業製品分野では日本が強いが:

「自動車産業などでは、FTAが結ばれるとむしろ韓国の赤字が広がるの ではないかという懸念が広がっている」

--共同取材 東京 君塚靖 Editor :Masashi Hinoki、Hideki Asai

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 石川英美 Emi Ishikawa +813-3201-2220 eishikawa1@bloomberg.net

曽宮一恵 Kazue Somiya +81-3-3201-8684 ksomiya@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Peter Langan +813-3201-7241 plangan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE