米国債:下落、S&PによるMBIAの格下げ対象除外で売り

米国債相場は下落。米格付け会社スタンダ ード・アンド・プアーズ(S&P)が金融保証会社(モノライン)大手MBI Aを格下げ方向での見直し対象から外したことから、比較的安全とされている 米国債の需要が損なわれた。

午前に発表された1月の中古住宅販売が予想を上回ったことから、投資家は 債券に売りを出した。米財務省は今週、2年債および5年債の入札を実施する。 売り出し規模は420億ドルと2004年以来で最大。

ストーン・アンド・マッカーシー・リサーチ・アソシエーツの債券アナリス ト、ジョン・キャナバン氏は、「信用問題の最悪な材料の大半は織り込み済み だ。これを受けて一部の市場参加者は債券投資を手控えている」と語った。

キャンター・フィッツジェラルドによると、ニューヨーク時間午後2時54 分現在、10年債利回りは前週末比9ベーシスポイント(bp、1bp=0.01ポイン ト)上昇して3.9%。10年債(表面利率3.5%、2018年償還)価格は23/32下落 して、96 3/4。2年債利回りは9bp上昇して2.1%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE