MBIAを格下げ方向での見直しから除外、アムバックは対象-S&P

格付け会社スタンダード・アンド・プアー ズ(S&P)は25日、米金融保証会社(モノライン)のMBIAを格下げ方向 での見直しの対象から外したことを明らかにした。MBIAの「AAA」格付け が近く引き下げられることはない見通し。

S&Pの発表資料によれば、MBIAの格付けアウトルックは「ネガティブ (弱含み)」に据え置かれた。これは格付け変更が差し迫っていないものの、変 更があれば、引き下げ方向になる可能性を意味する。一方、同業の米アムバック ・ファイナンシャル・グループは依然として格下げ方向での見直し対象とされた。

これを受け25日の米株式市場では、MBIAとアムバックが格下げを回避 するとの観測が強まり、両社は大幅高となった。両社が格下げされた場合、証券 の保証が難しくなる。MBIAは一時18%高、アムバックは19%高。

ヘッジファンド、サンノ・ポイント・キャピタル・マネジメントのアナリス ト、ピーター・プラウト氏は「1-3月(第1四半期)は危機を回避した」と指 摘した。

S&PはMBIAによる26億ドル(約2800億円)の調達について、「経営 陣が適切な自己資本に関する懸念に対応できることを力強く示した」と説明した。

MBIAの広報担当、リズ・ジェームズ氏と、アムバックの広報担当、バン ダナ・シャルマ氏にコメントを求めたものの、得られなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE