ドイツ証・安達氏:1月の鉱工業生産は0.8%以上の下げに-輸出が減速

ドイツ証券の安達誠司シニアエコノミスト は25日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューで、28 日に発表される 1月の鉱工業生産や、29日に発表される1月の家計調査の見通しなどについて 語った。主な発言内容は以下の通り。

1月の鉱工業生産について:

「先月出た製造工業予測指数は前月比0.4%低下だが、通常実際の数字はさ らに下方修正される場合が多い。(エコノミスト)予測の0.8%以上の下げにな ると予測している」

落ち込みの背景について:

「アメリカを中心とした世界経済の減速に伴う輸出の減速が効いてくる」

電子部品デバイスの輸出について:

「先日出た1月の貿易統計をみると、確かに中国の旧正月の影響等がある かもしれないが、東アジア全体の電子部品デバイスの輸出が減少していたので、 そういう意味では心配している」

トレンドは「電子部品デバイスの最終需要者であるアメリカの景気減速に 底が見えない状況なので、基本的には下向きだ」

家計調査について:

「家計調査についてはトレンドで見る必要がある。単月の数字で一喜一憂 すべきではない。今回は数字が弱く出ると思われるが、それに惑わされずに平 均して横ばいトレンドが崩れていないかというところに注目したい」

2008年度の経済成長率を1.2%と予測していることについて:

「欧州向けの輸出が減速する。アメリカが最終需要者であるため基本的に アジアの景気も減速するなど、世界全体の需要減速が今後あると思っている」

--共同取材:君塚靖 Editor:Masaru Aoki, Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 亀山律子 Ritsuko Kameyama +81-3-3201-7441 rkameyama@bloomberg.net 東京 曽宮一恵 Kazue Somiya +81-3-3201-8684   ksomiya@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

David Tweed +81-3-3201-2494 dtweed@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE