米国務長官:北朝鮮の非核化にあらためて努力-アジア歴訪前に会見

ライス米国務長官は22日、日本、中国、 韓国歴訪を前に記者会見し、北朝鮮から核兵器を排除するための努力にあらた めて取り組む決意を強調した。

ブッシュ大統領の任期切れまで11カ月となり、北朝鮮の金正日総書記に核 計画の申告を説得するための時間は残り少なくなっている。ライス長官の3カ 国歴訪は、北朝鮮への圧力を強めることに狙いがある。

北朝鮮は寧辺にある核施設の無能力化に向けた措置を講じてはいるが、作 業のペースは鈍っている。加えて、核兵器計画や核計画での協力が指摘されて いるシリアとの関係について十分な説明もしていない。

北朝鮮は同国への経済援助と米のテロ支援国家指定解除への見返りとして、 昨年12月31日までに核計画の申告を実行すると約束していた。

ライス長官は会見で「われわれには北朝鮮の完全な申告が必要だ」と述べ た。