高村外相:日韓FTA交渉再開を望む-日中ガス田開発「簡単でない」

高村正彦外相は22日午前、閣議後に国会 内で行った記者会見で、25日にソウルで行われる日韓首脳会談、東シナ海の ガス田の日中共同開発、再開のめどが立っていない北朝鮮の核開発問題をめ ぐる6カ国協議について、次のように述べた。

日韓首脳が25日の会談で、約3年間中断している2国間の自由貿易協定(F TA)交渉再開で合意する可能性:

「会談の時点でどうなるか分からないが、方向性として、そうなることを望んで いる」

今春に中国の胡錦濤国家主席の来日を控え、東シナ海のガス田の日中共同 開発問題の解決のめど:

「そう簡単ではない。日中の首脳間でこの問題を解決することが双方にとっ て利益になる。そうでなければ不利益だ。首脳間で『解決することが重要だ』と いう認識を共有している。これをどうやって乗り越えるかだ。楽観も悲観もしてい ない」

6カ国協議の再開の見通し:

「北朝鮮が核について『正確かつ完全』な申告をしていない。これがされるよ う連携して、努力していく。これがなされないと『6カ国協議をやっても意味があ るのか』という話だ。それを踏まえて考えたい。6カ国協議をいつできるかは全く 未確定だ」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE