中国政府系ファンド、海外投資額の6分の1以上日本へ-NHK(2)

NHKは22日朝のニュースで、中国の政府 系ファンド「中国投資有限責任公司(CIC)」が海外投資額の3分の1をアジ ア各国に振り分け、その半分以上を日本に投資する方針で検討していると報じた。 取材源は明らかにしてない。中国投資の幹部が今月中旬に来日した際、複数の関 係者に明らかにしたという。

報道によると、年6%以上の利回り確保を基準とし、政治的な思惑ではなく、 純粋な投資を行うことを強調したという。

RBCインベストメントの武田洋二ファンドマネジャー(香港在勤)は、 「日本株は非常に安いので、買ってきてもおかしくない。下支え要因にはなり、 バリュー株として見直されるきっかけになるかも知れない。割安感の強さが確認 されるという感じがする」と述べている。

一方、金融庁の佐藤隆文長官は14日夕の定例会見で、中国投資公司(CI C)の高西慶総経理が来日したことに言及し、「CICも含めて外国からの投資 は歓迎すべきだ」と語った。また佐藤長官は、同庁に設置した「金融市場戦略チ ーム」(渡辺喜美金融相の私的研究会)が政府系投資ファンド(SWF)を研究 課題として取り上げていることについて、「現時点でSWFを創設すべきだとの 方向性を持って議論しているわけではない」との認識を示した。

政府系ファンドをめぐっては、自民党内から国内での創設を求める声も上が っているが、佐藤長官は国際金融市場で影響力を増しているSWFファンドの調 査・分析が狙いであると説明している。

農林中金全共連アセットマネジメント運用部の中村一也次長は、「日本株の 時価総額から考えると、大きめの印象。日本株投資の成果が上がらないと撤退す る可能性もある。ほかの国と比較して投資の割合を決めることなので、日本政府 を含め日本を良くしていくことが大切だ」と話した。

--共同取材:鈴木 偉知郎 Editor:Shintaro Inkyo

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 常冨 浩太郎 Kotaro Tsunetomi +81-3-3201-2089 ktsunetomi@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人  Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Nicolas Johnson +81-3-3201-8343 nicojohnson@bloomberg.net

企業ニュース 株式に関するニュース 地域別ニュース 銘柄コード<EQUITY>CN NI STK 日本 NI JAPAN 銘柄コ-ド<EQUITY>BQ アジア NI ASIA

JBN2

NI STKTOP 日本語ニュース 金融市場のニュース NH JBN NI JMALL

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE